乳酸菌生産物質とエネルギーの産生について1

高校時代に進学高校に進んだ人で、生物をとっていた人はATPという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ATPはアデノシン三リン酸と呼ばれており、エネルギーの通貨として体内で使われています。

これが後に乳酸を生じることは人間の人体のしくみであることの証になります。

というのも乳酸菌と乳酸は違いますが、乳酸菌という言葉からその二つが乳酸菌生産物質との関連性を示すことができれば、乳酸と乳酸菌生産物質とは相関性があり、その結果、3者は相関性があり、役割を担っていることになるからです。

エネルギーは人が行動する以外にも、自然と呼吸をするための筋肉などにも使われていることは普通のことでしょう。

乳酸が生じることは生きている証です。

乳酸菌はエネルギーとの関係性はあるのでしょうか?

データによりますと、なんと乳酸菌も乳酸を菌外に出しているそうです。

そういった意味合いを込めて、乳酸菌という名前が付けられているのかもしれませんね。

菌類も生きるために必死です。

では、乳酸菌は人間よりも多くの乳酸を排出しているのでしょうか?

この問いに答えるには大学院ぐらいの学力が必要かもしれません。

というのも、人間も乳酸菌もクエン酸回路という同じ回路で1分子のグルコースから、約30分子位のエネルギーを生産する過程で乳酸が必ず、補酵素の力を借りて生成するからです。

この分子レベルでは乳酸の生成量は人間も乳酸菌も1分子のグルコースを食べるのであれば、同じ量の乳酸が生じるのです。

しかし、いうまでもなく人間の方が乳酸菌よりも食物の摂取量は多いです。

このことから、グルコースも人間の方が多く摂取しているので、結果的に人間の方が乳酸菌よりも、多くの乳酸を生じさせてしまうのです。

一方で乳酸菌生産物質は乳酸菌を増やすだけであり乳酸を出すものではないので、乳酸菌生産物質自体は、乳酸を生成しません。

しかし、乳酸菌を生み出すというところでは、間接的に関与していることが示唆されるのかもしれません。

食品は調べてもゴールがないのかもしれません。